角川映画  UHDプロジェクト始動!

角川映画45周年記念として、2021年12月に発売され好評を博した『犬神家の一族』4Kデジタル修復 Ultra HD Blu-ray【HDR版】。KADOKAWAでは、2026年に50周年を迎える角川映画の名作の数々をUHD化!映像、音声、特典、全てのクオリティを追求した“究極にして最終形態”の商品仕様で、2022年10月より連続リリース!!※アウタースリーブケース付【初回限定特典】。デザインは変更の可能性があります。あらかじめご了承ください。
角川映画UHD

ラインアップ

  • 『戦国自衛隊』、『蘇える金狼』、『野獣死すべし』
  • 『伊賀忍法帖』、『友よ、静かに瞑れ』、『化石の荒野』
  • 『汚れた英雄』、『キャバレー』、『麻雀放浪記』

角川映画UHD化9つのマニフェスト

撮影監督監修のグレーディングを敢行
HDRグレーディングを施した16bitニューマスターを使用
劇場公開時のオリジナル音声を初収録
5.1ch音源のある作品についてはDolby Atmos化(ホームシアター用)
Dolby Visionのマスタリングを敢行
バリアフリー対応として全作日本語字幕を収録
究極の画質を収録するために3層ディスク(100GB)を採用
オリジナル予告編はじめ、特報なども全て4K HDR化
過去の特典映像などのコンテンツも可能な限り収録

UHD第1弾は、千葉真一が主演とアクション監督を務めた『戦国自衛隊』

UHD第2弾は、松田優作主演作 『蘇える金狼』『野獣死すべし』

最新情報はFacebookをチェック!