作品情報 はじめに 銀幕のヒロイン・若尾文子- 増村保造、溝口健二、吉村公三郎…日本を代表する監督のもと、市川雷蔵、勝新太郎、田宮二郎…昭和を代表する伝説の名優たちと共演し、女優として絶えず進化してきました。従来の日本映画の常識を覆す明るく前向きな少女、男性に頼りきっていた人生を見つめなおし、自我に目覚めていく芸者、激しい情念を内に秘める貞淑な妻…イメージの異なる多種多様な“女”を演じました。10代後半のスクリーンデビューから大映が倒産する直前の30代半ばまで、150本以上の映画に出演した約20年という時間は、若尾文子という女優にとっても青春というべき時代であったはずです。青春はある出会いをきっかけに何かに夢中になり、そしてあっという間に過ぎ去ってしまう、かけがえのない瞬間です。でもそれは決して一度きりではなく、何度でも訪れるものだと思います。「若尾文子映画祭 青春」というタイトルは、お客様にとって、彼女が出演した数多くの珠玉の名作に夢中になる青春の始まりであってほしい、また若尾文子という日本映画を代表する女優がスクリーンに刻んだ青春を思う存分堪能してほしい…そんな思いを込めてつけました。映画館という空間の中で、素晴らしい映画を見た時に感じる興奮や一体感をお客様同士が世代を超え共有し、そして何よりこの映画祭がお客様にとっての最高の出会いの場となれば幸いです。 はじめに ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行